new

引っ越しの初期費用はいくら必要?内訳や相場、安く抑えるポイントをご紹介

引っ越しの初期費用はいくら必要?内訳や相場、安く抑えるポイントをご紹介

引っ越しに際して必要な初期費用には、さまざまな費目が含まれますが、その総額はどのくらいになるのでしょうか。
本記事では、引っ越しに必要な初期費用の相場や内訳、少しでも安く抑えるためのポイントをご紹介します。

引っ越しの初期費用の相場

一般的に、単身者の場合は15万円から30万円程度、家族が引っ越す場合には、40万円から70万円程度が相場と言われています。
これらの数値はあくまで平均的なものであり、具体的な金額は引っ越しする地域や物件の種類、さらには選ぶサービスによって異なります。

引っ越し初期費用の大きな部分は、敷金や礼金、仲介手数料といった住居を借りる際に必要な費用であり、この他にも、生活を始めるための火災保険料や鍵交換費用、さらには家具や家電の購入費用などが加算されます。
特に敷金や礼金の額は、物件や地域によって大きく異なるため、事前にしっかりと調査しておくことが大切です。

全体として、引っ越しの初期費用は様々な要因によって大きく変動するため、個人の状況を踏まえた上で、慎重な計画が必要となります。

引っ越しの初期費用の内訳

引っ越しの初期費用の内訳

引っ越しを行う際には、さまざまな初期費用がかかります。
具体的な内訳としては以下の通りです。

・敷金
・礼金
・仲介手数料
・火災保険料
・鍵交換費用
・保証会社利用料
・ハウスクリーニング代
・引っ越し費用
・家具家電購入費

これらの費用は、場所や物件、個人の契約内容によって大きく異なるため、引っ越しを検討する際には事前のリサーチや相談が非常に重要になります。

敷金

敷金は、賃貸物件に入居する際に家主へ支払う保証金の一種です。
通常、敷金は賃料の1~2ヶ月分が相場とされていますが、物件や地域によって異なる場合があります。
敷金の主な目的は、入居者が賃貸契約を途中で解除したり、物件を損傷させたりした際の損害を補填するために使用されます。
入居期間が終了し、部屋を問題なく原状回復して退去する場合、敷金は原則として全額または一部が返金されます。
ただし、敷金から清掃費用や修理費用が差し引かれることもあるため、契約時にはその点を明確に確認しておくことが重要です。

礼金

引っ越しに際しての初期費用の中に、「礼金」が含まれることがあります。
この礼金とは、賃貸物件を借りる際に、所有者や管理会社へ支払うお金のことを指します。
一般的には、物件を借りることへの感謝の意を表すため、そして良好な関係を築くための一種の慣習的な支払いとされています。

礼金の額は物件や地域によって異なりますが、家賃の1か月分から2か月分程度が相場とされていることが多いです。
礼金は一般的に返金されるものではないため、物件を選ぶ際には、その支払いが見合った物件かどうかをよく考えることが重要です。

仲介手数料

引っ越しをする際、家を借りるときには不動産仲介会社を利用することが多いですが、その際に発生するのが仲介手数料です。
この仲介手数料は、物件を紹介し、契約の仲介をしてくれた不動産会社に支払う費用のことを指します。
仲介手数料は一般的には賃料の1ヶ月分(税別)が相場とされています。
たとえば、月額賃料が10万円の物件であれば、仲介手数料も同じ10万円(税別)が必要となります。

ただし、この金額は地域や物件によって異なる場合もあるため、事前に不動産会社に確認しておくと良いでしょう。

火災保険料

引っ越し時に考慮すべき初期費用の一つとして火災保険料があります。
この保険料は、引っ越し先の住宅に関連する損害をカバーするために支払われます。
日本では、多くの賃貸物件で火災保険の加入が義務付けられており、契約時に初期費用としてこの保険料を支払うことになるケースが一般的です。

火災保険料の金額は、保険の補償範囲や物件の場所、建物の構造によって大きく異なりますが、数千円から数万円程度が相場であることが多いようです。
この保険は、火災だけでなく、水漏れや盗難など、さまざまなリスクに対する補償を提供する場合もあります。そのため、具体的な補償内容を把握し、自身にとって必要な保険を選ぶことが重要です。

また、保険料は一括払いが基本ですが、賃貸契約期間(例えば2年契約など)に合わせた期間の保険に加入することが一般的です。

鍵交換費用

引っ越しの際、よく見落とされがちながら重要な初期費用の一つが「鍵交換費用」です。
新たに住む家やアパートで安心して生活を始めるためには、以前の住人が持っていたかもしれない鍵を新しいものに交換することが一般的です。
この鍵交換は、個人のプライバシー保護と安全確保のために非常に重要であり、多くの場合、入居者の費用負担となります。

鍵交換費用は、交換する鍵の種類やセキュリティレベル、業者によっても異なりますが、一般的には15,000円から20,000円程度が相場とされています。
ただし、高度なセキュリティシステムを導入している場合には、その費用はさらに上がる可能性があります。

保証会社利用料

保証会社利用料は、賃貸契約を結ぶ際に保証人を立てる代わりに保証会社を利用することで、万が一の家賃滞納などがあった場合に保証会社が家賃等を立て替えるサービスに対する料金です。
相場は一般的に初回に賃料の50%~100%程度が必要とされますが、物件や保証会社によってはそれ以上になる場合もあります。
さらに、年間保証料として賃料の1~2%が毎年必要になることもあります。

ハウスクリーニング代

ハウスクリーニング代は、引っ越し先の物件を入居前に清掃するためのものです。
引越し後の新生活を気持ちよくスタートさせるために必要なことであり、特に前の入居者が退去してから時間が経っている場合、ハウスクリーニングは必須と言えます。

しかし、ハウスクリーニング代は物件の大きさや清掃の範囲、依頼する業者によっても大きく変わります。
一般的には数万円が相場とされていますが、部屋が広い場合や、キッチン、浴室、トイレなど特に汚れがひどい場合は、それ以上の費用がかかることもあります。

また、賃貸物件の場合、退去時のクリーニング費用を負担するのが一般的ですが、入居時にも物件をクリーニングしてくれるサービスを提供している不動産会社もあります。
そのため、物件を選ぶ際には、この点も確認するとよいでしょう。

引っ越し費用

引っ越し費用は、引っ越しの際に避けて通れない重要な初期費用の一部であり、荷物の量、距離、引っ越し業者の選択、引っ越しの時期によって大きく変動します。
例えば、単身で近距離の引っ越しの場合は比較的安価に済む可能性がありますが、家族で長距離の引っ越しをする場合はその数倍の費用がかかることもあります。

また、引っ越し業者を利用する場合、見積もりを複数社から取ることで価格の比較検討が可能です。
加えて、引っ越しのタイミングを繁忙期(特に3月~4月)を避けることで、費用を抑えることができる場合もあります。繁忙期は引っ越し業者の予約が取りにくく、料金も高く設定される傾向があります。

家具家電購入費

引っ越しを計画する際、新居で生活するために必要な家具や家電の購入は避けて通れない費用の一つです。
特に、初めて一人暮らしをする方やこれまでの住まいに提供されていた家具や家電を使用していた方は、新たに必要なアイテムを一から揃える必要があります。
一般的に必要とされる家具にはベッド、テーブル、椅子などがあり、家電では冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどが基本的な必需品に挙げられます。

実際の購入費用は、選ぶ商品のブランドや性能、新品か中古かによって大きく変わってきますが、一人暮らしの基本的な家具家電を揃える場合には数十万円程度を見積もっておくのが無難です。
また、不要な物を購入しないためにも、引っ越し前に新居の間取りやスペースを確認し、どのような家具や家電が必要か計画を立てることが重要です。
引っ越し先によっては、すでに一部の家電が備え付けられている場合もありますので、その点も事前に確認しておくとより経済的に準備を進められるでしょう。

引っ越しの初期費用を少しでも安く抑えるポイント

引っ越しの初期費用を少しでも安く抑えるポイント

引っ越しの際にかかる初期費用は、場合によっては大きな負担となりがちですが、いくつかのポイントを押さえることで、この費用を少しでも安く抑えることが可能です。
3つのポイントをご紹介します。

敷金礼金0物件を探す

引っ越しの際に発生する初期費用を少しでも安く抑えたい方には、「敷金礼金0物件」を探すという選択肢があります。
敷金や礼金は、引っ越しの初期費用を大きく膨らませる主要因です。

しかし、最近では新生活を応援する意味で、敷金礼金が不要な物件も増えています。
敷金礼金0の物件を選ぶことで、初期費用を大幅に削減することが可能です。

仲介手数料を交渉する

あまり知られていませんが、仲介手数料は交渉によって安くすることが可能です。
特に物件がなかなか埋まらない場合や、他の不動産会社でも同様の物件が扱われている場合は、競合を意識しているため、仲介手数料の減額交渉に応じてくれる可能性があります。

ただし、交渉をする際には、その物件の人気度や市場の状況、また自分が入居希望者としてどれだけ強い立場にあるのかをよく考え、適切なタイミングで交渉を持ちかけることが大切です。
交渉のポイントとしては、他にも興味がある物件を挙げてみる、自身の入居意欲をアピールしつつも柔軟性を持たせるなど、相手にプレッシャーを感じさせすぎないようにすることがコツです。

このようにして仲介手数料を減額できれば、引っ越しの初期費用を少しでも抑えることが可能になります。

引っ越しを自分で行う

引っ越しの際、初期費用を安く抑えるために自分自身で引越し作業を行う方法があります。
プロの引っ越し業者を利用するのではなく、自分や友人・家族の力を借りて引越しを行うことで、大幅なコストダウンを図ることができます。

主な作業は荷物の梱包から運搬、そして新居での荷解きまでと幅広いですが、特に梱包材はスーパーマーケットなどで無料で入手できる段ボールを活用することでさらに費用を削減できます。
また、大型の家具や家電を運ぶ際にはレンタルトラックを利用する方法もありますが、運転に自信がない場合は、比較的小さなアイテムのみ自力で運び、大型のアイテムについては運送業者の単品配送サービスを利用するとよいでしょう。
大切なのは、引っ越しの全工程を事前に計画し、無理なく進められるよう準備をすることです。

フリーレント物件を探す

フリーレント物件とは、入居初期において家賃が無料になる期間が設けられている物件のことを指します。
この期間は物件や地域によって異なりますが、一般的には1ヶ月から数ヶ月間です。
この家賃無料期間を利用することで、引っ越し直後の出費を大きく削減することができます。

しかし、フリーレント物件は特典が大きい分、家賃が少し高めに設定されていることがあるため、契約期間全体で見た場合のコストを考慮して物件を選ぶことが重要です。
また、フリーレント期間の終了後に家賃が急に負担に感じないよう、自身の経済状況と照らし合わせて検討する必要があります。

家具家電は今使っているものを使い続ける

引っ越しの際に新しい住まいで必要となる家具や家電を一から揃え直すことは、初期費用の大きな部分を占めることがあります。
可能であれば、現在使用している家具や家電を新居に持ち込み続けることで、この初期費用を大幅に削減することが可能です。

ただし、新居の間取りやサイズに合わせて、一部新しく購入する必要がある場合も考えられますが、基本的には用品を最大限活用することで、引っ越し後の出費を抑えることができます。
また、今使っているものが新居に合わず買い替える必要がある場合は、不要になった家具家電を売却することで、新たな購入資金の一部に充てることも一つの方法です。

まとめ

引っ越しには想像以上に様々な初期費用が発生します。
これらの費用の相場を知ることは、引っ越しの計画を立てる際に非常に重要です。

引っ越しの初期費用には大きな差があるため、事前によく調べ、自分の予算に合った選択をすることが大切です。
計画的に進めることで、引っ越し後の生活をより快適にスタートさせることができるでしょう。

関連記事