一人暮らしを始める前に知っておきたい家賃の決め方とは?

2022/03/23

一人暮らしを始める前に知っておきたい家賃の決め方とは?

これから一人暮らしを始めようとお考えの方の中には、家賃をどれくらいで探したら良いかわからない方もいらっしゃるかと思います。
本記事では、家賃の決め方や家賃を抑えるコツについてご紹介していきます。

一人暮らしの家賃平均相場

一人暮らしで発生する家賃の平均相場と言っても、地域によってさまざまです。
全国で共通の家賃相場があるわけではないため、自分の住んでいる地域やこれから住む予定の地域の家賃相場を知るようにしましょう。
下記に主たる地域の家賃相場をまとめましたので、参考にしてみてください。

※登録件数の差もあるため、参考値となります。
対象地域 全体家賃相場 ワンルーム家賃相場 1K・1DK家賃相場
東京都 132,000円 56,300円 62,600円
東京23区 189,200円 72,900円 80,400円
大阪府 65,500円 39,000円 45,600円
大阪市内 74,000円 41,600円 50,600円
京都府 73,300円 39,900円 46,100円
京都市内 84,000円 42,400円 47,900円
愛知県 62,800円 42,500円 39,600円
名古屋市内 73,500円 41,000円 43,800円
福岡県 53,200円 34,500円 35,200円
福岡市内 84,500円 35,900円 37,000円
北九州市内 50,000円 33,500円 34,200円

京都や大阪に大きな差はないため、関西圏では全体の家賃相場は75,000円前後、一人暮らし向け物件の家賃相場は45,000円前後程度であることがわかります。
いずれも基本的な家賃相場としては、地域全体よりも都市部の方が高くなる傾向がありますので、地域特性によって相場が変わることも覚えておくと良いでしょう。

一人暮らしの家賃の決め方

これから一人暮らしをする方の中には、家賃をどれくらいに設定して探せば良いかわからない方もいらっしゃるかと思います。
一般的に家賃は月の収入の3割程度、3分の1以下に抑えておくことで無理のない生活ができると言われています。
ここで言う月収は総支給額ではなく、各諸費用が引かれて残った手取り額です。
月収が20万円の方であれば、6~7万円くらいまでの物件であれば大きな負担にはならないでしょう。
京都や大阪であれば、立地か築年数のどちらかは条件として含めることが可能な費用感になります。
自分の収入と住みたい地域の家賃相場から、どのような条件なら住むことができるのかを調べていくのも良いかも知れません。

家賃を抑えるコツ

家賃を抑えるコツ

家賃は立地や築年数、広さから、建物の設備やセキュリティと言ったさまざまな要素を考慮して設定されます。
こちらでは家賃を抑えるコツについて一部ご紹介していきます。

立地

各地域の家賃相場表を見てイメージができている方もいらっしゃるかと思いますが、都市部は利便性が高いことから家賃相場も高くなる傾向があります。
都市部だけではなく駅近物件の場合は、主要駅と同じ沿線や乗り入れが容易、駅周辺が栄えているなど、その駅の利便性が高ければ高いほど家賃も上がります。
同じ沿線でも急行が停まる駅とそうでない駅では費用も異なるため、最寄り駅を見直すことで家賃を抑えることも可能です。
また、駅までの距離も家賃に影響しますので、徒歩何分までであれば自分の許容できる範囲なのかも、物件探しをする前に考えておくと良いでしょう。
駅から少し離れたところであればストレスも少なく、利便性の高いエリアで快適に住めることもあります。
少し離れたところを参考までに例えるとすると、徒歩10~15分程度、距離にすると1km前後あたりの物件になります。
また、単線路線であれば利用者が少ないため、そのエリア自体の家賃相場が低めに設定されていることもあり、費用を抑えられる可能性も高まりますので、物件選びの参考にしてみてください。

部屋の広さ

部屋の広さは特に家賃へ影響しやすい要素です。
一人暮らしであれば、一般的に1Kの6帖前後が人気かつ、物件も多数ありますので選択の幅が広がります。
自分のライフスタイルにあった部屋の広さを選択しましょう。

物件の築年数

物件の築年数だけでも相場は1万円程度変わってきますので、あまりこだわりのない方は、優先度を下げるようにしましょう。
築年数が浅い物件の特徴としては、設備が整っていることが多いですが、築年数が古い物件でも、しっかりと管理されている物件もあります。
単純に築年数と言うのではなく、実際に魅力を感じた設備を条件として見るようにすると、選択の幅も広がることでしょう。
また、築年数が古くてもリフォームされている物件の場合は、新築に比べて安く、同じくらいキレイであることから狙い目です。

設備やセキュリティ

エアコンや宅配ボックス、インターネットといった設備や、オートロックなどのセキュリティは、充実すればするほど家賃も高くなります。
本当に自分が必要と感じた設備やセキュリティを洗い出して、必須の条件ではない場合はグレードを落とすことも費用を抑えるコツのひとつです。

部屋の階層や位置

同じ建物でも階層や位置によって費用が変わることがあります。
一般的に、1階よりも2階以上の方が高いことが多い傾向にあります。
2階以上に住みたい理由のほとんどは安心感を得たいということが多いため、事前に下見をしてみて治安が良さそうであれば、1階も検討してみてはいかがでしょうか。

家賃と生活費からみるシミュレーション

家賃と生活費からみるシミュレーション

こちらでは、月収(手取り額)をもとに家賃と生活費のシミュレーションをご紹介していきますので、自分の収入に近い方を参考にしてみてください。

15万円のシミュレーション

手取り額が15万円の場合、家賃の目安は4~5万円です。
収入から家賃を引くと、手元に残るのは10万円程度になります。
そこに食費や交通費、通信費に交際費などが必要になってくるため、なるべく節約をする必要があるでしょう。
貯金や投資といったところにお金を回したいと考えている方の場合は、4万円前後の物件を検討することをおすすめします。
ただし、家賃を抑えることに集中しすぎて学校や職場から遠くの物件を選んでしまうと、交通費が余計にかかってしまうこともあるため注意が必要です。

20万円のシミュレーション

手取り額が20万円の場合、家賃の目安は5~7万円です。
手元に残るのは13~15万円程度と、15万円の方に比べて少し余裕がありますので、貯金や生活費に少し多めに回しても十分暮らしていけるでしょう。
ここで注意しておきたいのが、生活費の大部分を占める家賃を大幅に高めてしまうことです。
固定費はなるべく上げすぎ無いように注意した上で、物件を選んでいきましょう。

まとめ

一人暮らしのために賃貸物件をお探しの方に向けて、家賃の決め方や家賃を抑えるコツについてご紹介してまいりました。
家賃を抑えるポイントとして代表的なものは、下記の5つです。

  • 立地
  • 部屋の広さ
  • 物件の築年数
  • 設備やセキュリティ
  • 部屋の階層や位置

自分のライフスタイルに合わせて、条件に含めなくても良いものを明確にしていくことで、家賃を抑えることができます。
月収をもとに家賃と生活費のシミュレーションもご紹介しました。
自分の収入に近いシミュレーションを参考にして家賃を決めていただくと、無理のない生活を送りやすくなるかと思います。
一人暮らしの家賃を決める際には、ぜひご参考ください。

関連記事

初めての一人暮らし!成功させるためのポイントをご紹介

初めての一人暮らし!成功させるためのポイントをご紹介

一人暮らしを考え始めた際に楽しみな半面、どのようにすれば失敗しないのかと不安な方も多いのではないでし…

2021/10/19

一人暮らしの場所選びとは?初めてなら必見の選び方のポイント

一人暮らしの場所選びとは?初めてなら必見の選び方のポイント

初めての一人暮らしでは場所選びをどのようなポイントに注意すれば良いのか気になる方もいるかと思います。…

2021/11/25

一人暮らしにおすすめな理想の間取りとは?間取りを選ぶ方法をご紹介

一人暮らしにおすすめな理想の間取りとは?間取りを選ぶ方法をご紹介

初めての一人暮らしではどのような間取りが自分に向いているのか、なかなかイメージし辛いのではないでしょ…

2021/12/21

京都の賃貸物件 一人暮らしにおすすめのエリアをご紹介

京都の賃貸物件 一人暮らしにおすすめのエリアをご紹介

京都で賃貸物件を借りようとお考えの方の中には、京都エリア内の位置関係がわからない方もいらっしゃるので…

2022/01/24

ページの先頭へ