大学生の生活費はいくら必要?一人暮らしにかかる費用の内訳とは?

2022/04/19

大学生の生活費はいくら必要?一人暮らしにかかる費用の内訳とは?

一人暮らしを始めようとお考えの方の中には、生活費が月々どのくらい必要なのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、大学生の一人暮らしにかかる生活費の内訳や、それぞれにかかる費用を抑えるコツについてご紹介していきます。

大学生の一人暮らしにかかる生活費はどのくらい必要?

これから一人暮らしを始めようとお考えの大学生の中には、どのくらい生活費が必要になってくるのか不安な方もいらっしゃるかと思います。
大学に入ってからは勉強だけでなく、部活やサークル、友人との交流など、楽しみなイベントも多く待っていることでしょう。
大学生活を有意義に過ごすためにも、生活に必要な費用はしっかりと押さえておくようにしましょう。

まずは、下宿やアパートなどで一人暮らしをする学生の生活費を、下記表にまとめました。
大学種別の平均を見ると、大学生の一人暮らしに必要な生活費は月々92,000円程度であることがわかります。
これは国立や公立、私立別に見ても大きな変化はありません。

出典:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 令和2年度学生生活調査
国立 公立 私立 平均
食費 288,400円 265,600円 267,400円 273,400円
住居・光熱費 530,400円 493,000円 483,000円 497,700円
保健衛生費 40,200円 43,900円 43,100円 42,300円
娯楽・嗜好費 136,900円 137,400円 135,700円 136,200円
その他の日常費 146,900円 173,400円 162,400円 158,800円
合計 1,142,800円 1,113,300円 1,091,600円 1,108,400円

次に大学に通う上で必要になる費用をまとめます。
大学種別によって費用が変わるため、平均はあまり参考にはなりませんが、国立や公立で年間580,000円(月換算48,000円)程度、私立で1,300,000円(月換算108,000円)程度となっております。

出典:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 令和2年度学生生活調査
国立 公立 私立 平均
授業料 487,700円 486,500円 1,073,500円 853,100円
その他の学校納付金 8,900円 17,500円 162,500円 105,400円
修学費 47,000円 46,500円 45,700円 46,100円
課外活動費 26,900円 13,100円 23,300円 23,500円
通学費 8,500円 12,100円 17,700円 14,500円
合計 579,000円 575,700円 1,322,700円 1,042,600円

こちらの調査結果は、下宿やアパート(マンション)暮らしの大学生を対象に調査されたものです。
もちろん、あくまで平均ですので生活スタイルや住居によって内容は異なってきますが、だいたいの目安として参考にしてみてください。

大学生の一人暮らしにかかる費用の内訳と抑えるコツ

大学生の一人暮らしにかかる費用の内訳と抑えるコツ

大学生の一人暮らしに必要な費用はそれぞれいくらなのでしょうか?
ここからは項目別にかかってくる費用や抑えるコツについてご紹介していきます。

家賃の相場と抑えるコツ

ワンルームの賃貸マンションの家賃相場は、東京都内や23区内では50,000~70,000円程度となっていますが、大阪府や京都府、名古屋市内や福岡市内では40,000円程度です。
1Kの場合は5,000~10,000円程度高くなりますので、一般的には45,000~50,000円程度となっています。
駅付近の物件は相場よりも高くなることもありますので、家賃を抑えたい場合はなるべく駅から離れた物件を選ぶのがコツです。
その他にも、築年数が古い物件や、設備やセキュリティが必要なものだけ備えられた物件、同じ物件でも部屋の階層や位置などでも費用は変わってくることがあります。
ライフスタイルとの相談にはなりますが、自分には不要だと感じるものを条件から省略することで、家賃を抑えることができるでしょう。

光熱費の相場と抑えるコツ

大学生の一人暮らしにかかってくる光熱費の相場は15,000円程度と言われています。
もちろん夏場や冬場など、シーズンによって電化製品の使用頻度も異なりますので、1年を通して15,000円という訳ではありません。
1年を通して使用する頻度の高い家電はテレビではないでしょうか。
普段何気なくつけているテレビですが、あまり気にせずにつけっぱなしにすることも多いものです。
テレビをつけている間、テレビを見ている時間よりもスマホやパソコンなどを操作している時間の方が長いということも多々ありますので、見ない間は消すようにしましょう。
また、夏場や冬場で多用するのが冷暖房機能を備えた家電です。
テレビと同様につけっぱなしにしないようにすることはもちろんですが、日によっては適温の時もありますので、使用する頻度についても気を付けることで光熱費を抑えることができます。

食費の相場と抑えるコツ

食費の相場は20,000円程度です。
大学生の場合、講義が終わってアルバイトに出かける方も多く、飲食店の場合は賄いで食費を抑えることもあります。
また、自炊をしているとさらに食費を抑えることができるでしょう。
そのため、大学生の一人暮らしで必要な食費は、ライフスタイルによって大きく異なります。
食費を抑えるコツとしては、自炊をすることが大切です。
食材を余らせることがないように、一度に数食分を作っておくことがおすすめの方法です。
1食分ではなく、数食分をまとめて作ってしまうことで、光熱費を抑えることにもつながります。
また、缶コーヒーやペットボトルのお茶などを毎日数本買うという人は、この機会に見直してみましょう。
お茶やコーヒーを自宅で作って、マグボトルで持ち運ぶだけでも費用を抑えることができます。

通信費の相場と抑えるコツ

通信費の相場と抑えるコツ

通信費の相場は5,000~10,000円程度と言われています。
近年では必須ツールとしてスマートフォンが活用されていますが、キャリアやプラン内容によって必要な費用も変わります。
プランの見直しや格安SIM会社に変更することで通信費を抑えることができます。
また、インターネット回線も大学生にとっては必要不可欠と言えます。
スマートフォン同様、使い方と相談して通信会社を見直すことも、費用を抑えるコツです。

交際費の相場と抑えるコツ

大学生の場合、交際費を多く確保したいものではないでしょうか。
交際費は相場としては20,000円前後と言われており、生活スタイルによって大きく変わる項目です。
交際費を抑えるコツは、急な誘いは見送るようにしたり、特に何もなければ自炊するようにしたりすることです。

日用品や雑費の相場と抑えるコツ

ここまでご紹介したもの以外にも、一人暮らしでは日用品や雑費といった出費が発生しますが、相場としては20,000円前後です。
普段何気なく使用している雑費は、積み重なることで意外と無視できない費用になっています。
どのような雑費が発生しているのかを洗い出して気を付けるようにしたり、シャンプーなどの日用品は安いときに買い溜めたりすることで抑えることができます。

まとめ

大学生の一人暮らしにかかる生活費の内訳や、それぞれにかかる費用を抑えるコツについてご紹介してきました。
生活費用の内訳をまとめると以下のようになります。

  • 家賃の相場:45,000~50,000円
  • 光熱費の相場:15,000円
  • 食費の相場:20,000円
  • 通信費の相場:5,000~10,000円
  • 交際費の相場:20,000円
  • 日用品や雑費の相場:20,000円
  • 合計:125,000~135,000円

地域や生活スタイルによって変わってきますが、生活費を大まかにでも理解しておくことでどのくらいアルバイトしなければいけないかなど、事前に考えたり準備したりすることもできますので参考にしてみてください。

関連記事

失敗したくない方必見!賃貸物件の選び方と失敗しないポイントとは?

失敗したくない方必見!賃貸物件の選び方と失敗しないポイントとは?

賃貸物件探しにおいて、選び方がわからない、失敗しないコツを知りたいという方がいるかと思います。本記事…

2021/08/26

初めての一人暮らし!成功させるためのポイントをご紹介

初めての一人暮らし!成功させるためのポイントをご紹介

一人暮らしを考え始めた際に楽しみな半面、どのようにすれば失敗しないのかと不安な方も多いのではないでし…

2021/10/19

京都の大学生、専門学生向け!賃貸物件のお部屋探しのポイントをご紹介

京都の大学生、専門学生向け!賃貸物件のお部屋探しのポイントをご紹介

京都の学校に通う方で、賃貸物件を借りようとお考えの方の中には、賃貸物件を探すポイントを知りたいという…

2022/03/04

一人暮らしを始める前に知っておきたい家賃の決め方とは?

一人暮らしを始める前に知っておきたい家賃の決め方とは?

これから一人暮らしを始めようとお考えの方の中には、家賃をどれくらいで探したら良いかわからない方もいら…

2022/03/23

ページの先頭へ