一人暮らしのメリットとデメリットとは?デメリットの対処法も解説

一人暮らしのメリットとデメリットとは?デメリットの対処法も解説

一人暮らしにはメリットが多く、楽しみにしている方がほとんどかと思います。
しかし、中には一人暮らしをすることにデメリットは無いかと、悩んでいる方もいるでしょう。
本記事では、一人暮らしのメリットだけではなく、デメリットやその対処法についてもご紹介していきます。

一人暮らしのメリットとは

一人暮らしにはさまざまなメリットがあり、学生をはじめ社会人も一人暮らしをしたいと考えている方が多い傾向にあります。
はじめに一人暮らしの具体的なメリットについてご紹介していきます。

自由な暮らしができる

現在実家に住んでいる方の場合、実家から出て一人暮らしすることになると、自由な生活ができることが大きなメリットと言えます。
実家では複数人で暮らすことから、お風呂やごはんの時間がある程度決まっていることもありますが、そういった時間を自分で自由に決めることができます。
また、隣人に迷惑が掛からなければ夜更かしもできたり、一人だけの家になるためプライベートな空間をより大事にすることができたりすることもメリットと言えるでしょう。

好きな地域や利便性の高い地域に住める

一人暮らしをすることで、自分のライフスタイルに合わせて住みたい地域が選べます。
学校や職場の近くなど、例えばこれまで片道1時間以上かかっていた道のりが、往復で1時間になるような地域を選ぶことで、日々の自由な時間を1時間も確保することができるようになります。
また、小さい頃に住んでいて知り合いがいる地域を選んだり、住んでみたかった地域に短い期間だけ住んでみたりといった選択も可能になります。

部屋を自分好みにコーディネートできる

実家暮らしの場合、自分だけの部屋ではなく、兄弟・姉妹の趣味などが混ざった部屋になったり、他の家族の荷物が置かれたりと、自分好みの部屋にできない方も多かったのではないでしょうか。
一人暮らしでは自分の好みに合わせて部屋をコーディネートできるため、欲しかった家具や家電を置くことができたり、部屋を常に自分の好みにしておくこともできるでしょう。
また、コーディネートが難しい畳部屋をお部屋選びの時点で避けることも可能です。

人を招きやすく、外泊も自由

実家暮らしの場合は、友達を家に招き入れるのにも、家族に許可を取らないといけない家庭が多い傾向にあります。
そのような家族への気遣いが不要になることも、一人暮らしのメリットと言えるでしょう。
家族の許可がいらないため、気兼ねなく人を呼ぶことができます。
また、外泊も自由にできるようになるため、これまでそのような誘いを断っていた方も参加できるようになります。

生活するための力が身に付く

一人暮らしをすることで、今まで家族がやるか、一部だけ自分でしていた家事もすべて自分ですることになります。
学校や仕事と家事を両立していくうちに、家事にも慣れ、生活能力が身について自立した人になるでしょう。
また、バイトや仕送りといった収入や、家賃や光熱費、接待交際費といった支出の管理なども自分で行う必要があります。
これまで、あまり気にしていなかったお金のやりくりについても、自分で管理することで、計画的に貯金、節約するようになるなど、金銭管理能力も身に付くでしょう。
将来、家庭を持ったときに役立ったり、周りからも自立した人という印象を持ってもらえたりと、大変ではありますが十分なメリットがあると言えます。

趣味や仕事に没頭できる

一人暮らしの場合、居住空間を完全に自由に自分のために使うことができるため、趣味や仕事のスペースとして最大限に活用できます。
部屋中に趣味のグッズを展示してみたり、仕事用にスタンディグデスクやキャビネット、大型モニターを設置してみたりと、自分のことだけに没頭できる環境が作れるでしょう。

マイペースに生活できる

他人と同じ空間で生活する場合、お互いに快適に暮らすために気を遣う必要があります。
しかし、一人暮らしの場合は家の中で誰に迷惑がかかるということもないため、起きる時間や寝る時間を気にする必要もありません。
また、パジャマのまま一日中過ごしたり、暑い時は下着姿で生活したりと、周りの目を気にする必要もないため、マイペースに思うままの生活が送れます。

親のありがたみが実感できる

実家暮らしから一人暮らしに変化した場合、親のありがたみが実感できるというメリットも大きいでしょう。
今までご飯の用意や掃除洗濯などの家事を任せていた人ほど、全て自分でやらなくてはいけない環境に身を置くと親のありがたみが実感できます。
親への感謝を忘れずに久しぶりに会った際には、お礼を伝えるなど親孝行をしてみるのも良いでしょう。

関連記事:京都の賃貸物件 一人暮らしにおすすめのエリアをご紹介

一人暮らしのデメリットとは

一人暮らしのデメリットとは

一人暮らしで得られるメリットについては把握できたかと思います。
メリットばかりではなく、もちろんデメリットもありますので、ここからは一人暮らしのデメリットについてご紹介します。

不規則な生活になりやすい

一人暮らしは解放感がある反面、羽目を外し過ぎて夜更かしばかりしてしまったり、過度な飲食をしてしまったりと不規則な生活に陥りやすいため注意が必要です。
生活リズムが乱れてしまうと心身の不調につながりかねないため、普段は規則正しい生活を送るように心掛けることも大切です。

生活費が足りなくなってしまうことがある

お金の管理に慣れていないと、散財してしまったり、日々の支出が思っていたよりも重なってしまっていたりして、生活費が足りなくなってしまうことがあります。
特に引っ越し直後は、引っ越しでお金がかかったり、生活費がどのくらい必要なのか把握できなかったりするため、自由に使えるお金がどのくらいあるかわかりにくいです。
一人暮らしを楽しむことばかり優先し過ぎないようにし、安定してくるまでは常に余裕を持った生活を心掛けるようにしましょう。

家事全般を自分で行う必要がある

これまでは分担していたり、他の家族がやってくれていたりした家事も、自分でしなければ部屋の中が汚れていってしまうといったデメリットがあります。
部屋が汚れていると心身にも良くないため、計画的に家事をする時間を設けるようにするなど、工夫するようにしましょう。

防犯対策が必要

あまり向き合うことのなかった防犯対策についても、一人暮らしをする上では重要になってくることでしょう。
お部屋探しでは、オートロックや防犯カメラといった防犯対策がなされている物件を探すことも大切です。
このような設備面はもちろん、外出時・在宅時問わず鍵を閉めるようにしたり、来客時にはチェーンを掛けたまま応対するようにしたりと、日ごろの自分の行動でも気を付けるようにしましょう。

寂しさを感じる

生活空間内に自分以外の人がいないと、話し相手がおらず人の温もりを感じることもないため、寂しさを感じることも多いでしょう。
寂しさに強い人は問題ありませんが、寂しがり屋の人であれば近所に友人を作ったり、くだらない内容でも気軽に電話できる相手を探したりと、寂しさ対策を取る必要があります。

いざというときに頼れる人がいない

体調を崩してしまったり水漏れや水道管の故障などのトラブルが発生したりした場合に、頼れる相手がいないため自分一人で対応する必要があります。
その道のプロに依頼する方法もありますが、時間やお金がかかってしまうので迅速には対応してくれません。
逆に考えると、一人で生活をする逞しさが身につけられるという側面もあるため、逆境をバネに生活力を鍛えてみましょう。

デメリットの対処法

デメリットの対処法

デメリットは、それぞれ対処することが可能です。
特に、「普段は規則正しい生活を心掛ける」「計画的な生活力を身につけるように心掛ける」の2点に注意することが、デメリットの対処法となりえます。
羽目を外し過ぎると、生活費が無くなってしまったり、生活リズムが乱れてしまって勉強や仕事に支障をきたすといったデメリットがあります。
楽しむときは楽しめるように、普段は規則正しい生活を心掛けることが大切です。
また、生活する上でのお金のやりくりや家事は、一人暮らしをはじめた最初の頃は馴染みがなく、失敗することも多いかもしれません。
最初に家賃や光熱費、食費や通信費などといった必要なお金を抜いておくようにし、残りを趣味や息抜きのお金にまわすなど、計画的なお金のやりくりを心掛けることが大切です。
自炊では作り置きをすることで節約にもなり、また計画的に洗濯や掃除などの家事をすることで生活力も身に付くようになります。
慣れてくると一人暮らしがより一層楽しくなりますので、普段から規則正しく計画的に暮らすようにしましょう。

一人暮らしに向いている人

以下のような特徴がある人は一人暮らしに向いているといえるでしょう。

・他人に気を遣わずに生活したい
・自分だけの空間を大切にしたい
・生活習慣が不規則
・一人で生きていく力をつけたい

一人暮らしをするということは同じ空間に住んでいる人がいないということなので、他人に気を遣いたくない、自分一人で生きていく力を身につけたいという人は一人暮らしがおすすめです。

一人暮らしに向いていない人

一方で、以下のような特徴がある人は一人暮らしに向いているとはいえないかもしれません。

・自分を律することが苦手
・寂しがり屋
・生活力が極端に低い

生活空間内に他人がいないということは寂しくもあり、いざというときに頼れる人もいないため、寂しがり屋の人や自分で自分を律することができない人、生活力が低く家事が苦手な人にとっては、一人暮らしは苦痛かもしれません。

まとめ

一人暮らしのメリットやデメリットをはじめ、デメリットの対処法についてもご紹介してまいりました。
一人暮らしには、実家暮らしでは得ることが難しい以下のようなメリットがあります。

  • 自由な暮らしができる
  • 好きな地域や利便性の高い地域に住める
  • 部屋を自分好みにコーディネートできる
  • 人を招きやすく、外泊も自由
  • 生活するための力が身に付く

しかし、メリットばかりに気を取られてしまうと思わぬ失敗を起こしてしまうかもしれませんので、以下のような一人暮らしのデメリットについて、しっかりと把握しておきましょう。

  • 不規則な生活になりやすい
  • 生活費が足りなくなってしまうことがある
  • 家事全般を自分で行う必要がある
  • 防犯対策が必要

デメリットと上手に付き合うには、楽しむときは楽しめるように普段は規則正しい生活を送り、お金のやりくりや家事を計画的にこなすことが大切です。

関連記事