でも楽器演奏できる!楽器可相談賃貸

家でも楽器が演奏できる! 楽器可相談賃貸

「楽器可」「楽器可相談」の違いって何だろう?

アパマンショップ京都では「楽器可」と「楽器可相談」賃貸をご紹介しております。では、この2つの違いとは何なのでしょうか。楽器可物件とは、その名の通り『楽器が演奏できる物件』のことを指します。しかし、「どんな楽器でも演奏可能」「全て防音対策がされている」「24時間いつでも演奏可能」という意味ではありません。通常「楽器可」と表示されている場合、一般的に午前10時から午後8時の時間が指定されています。音楽大学周辺の場合だと、午前9時から午後9時までの物件もあるようです。また、「楽器可相談」とは、その名の通り相談可能と言う意味です。こちらは楽器を演奏していない方も入居されているので、音のトラブルが起こりやすいかもしれないので注意が必要です。

「楽器可」と「楽器可相談」賃貸をご紹介

楽器可相談賃貸物件はこちら

楽器可(相談)賃貸の嬉しいポイントとは?

楽器可(相談)賃貸の嬉しいポイント

楽器可相談賃貸物件はこちら

何といっても嬉しいポイントは、やはり自宅で楽器を演奏できることです。しかし、楽器可賃貸の嬉しいポイントは楽器を演奏しない方にもあります。「周囲の音に敏感な人」、「自分の発する音を気にする人」にもオススメです。たとえば、大きな音量で映画鑑賞したり、小さなお子様が元気に遊んだりもできます。防音設備が整っている部屋の場合は、近隣の音に悩まされないほかに、気密性が高いので冬は暖かく過ごせるのも嬉しいポイントです。アパマンショップ京都では、自分のライフスタイルに合った適切なお部屋を一緒に考えご紹介させて頂きます。

楽器可(相談)賃貸の防音設備をご紹介!

「楽器可(相談)」と書かれていても、すべての物件に防音設備が整えられているかというと、そうではありません。あくまでも楽器を演奏できる環境にあるということだけであって、防音設備がなく、音が隣に漏れている場合もあります。防音設備にはグレードがあり、しっかりとしているところは家賃も高めに設定されていることが多いです。アパマンショップ京都でご紹介させて頂いている防音設備の特徴としては、内外部の音を遮断してくれる二重ガラスや防音壁、防音扉に、部屋の壁・天井・床に防音材等が使用された物件がございます。遮断の効果は楽器の種類や音域等で変わってくるのでしっかりと確認しましょう。

楽器可(相談)賃貸の設備紹介

楽器可相談賃貸物件はこちら

楽器可(相談)賃貸の探し方のコツをお教えします!

楽器可(相談)の探し方のコツ

楽器可賃貸は数が少なく、探すのが困難ですが、見つけるにはコツがあります。ポイントは音楽大学があるエリア周辺の物件を探すことです。音楽大学の最寄り駅から前後2駅から3駅の範囲で探すと見つかりやすいのではないでしょうか。楽器可(相談)賃貸を見つけても条件によって演奏できない楽器があったり、演奏できる時間やルールもありますので、しっかりと確認するようにしましょう。アパマンショップ京都では、京都のエリアを熟知したスタッフがお客様のライフスタイルに合わせた楽器可(相談)賃貸をご紹介致しますのでお気軽にお問合せ下さい。

▼▼▼

楽器可相談賃貸物件はこちら

ページの先頭へ