デザイナーズマンション特集

デザイナーズマンション(DESIGNERS MANSION)特集

デザイナーズマンションとは、個人住宅を扱う建築家によって設計された、こだわりのマンションのこと。

通常のマンションと異なり、ファッショナブルな室内空間となっている。
デザイナーが創り出す作品には、個性的なコンセプトがあり、
斬新さ、気品、遊び心、伝統と近代の共存、空間の連続性など、
さまざまな視点によって独特な空間が出来上がる。

そこには他にないこだわりや優越感などの付加価値を見出すことが出来る。

デザイナーズマンション賃貸特集の検索はこちら

デザイナーズマンションとは

1997~98年頃に、デザイナーズマンションという言葉をよく耳にするようになった。
日本の初期のデザイナーズマンションとしては、前川國男による晴海団地高層アパート(1958年)を挙げることが出来る。
初期の頃はデザイン重視、住みやすさは後回しにされる傾向があり、まさに芸術作品とよぶべきものが数多く建築された。しかし最近のデザイナーズマンションは、住む人が主役へと変化している。
個性的な外観ではあるが、住む人の満足感を考え、家族構成やライフスタイルに合わせたデザインへと進化している。

デザイナーズマンションの魅力

デザイナーズマンションの魅力といえば、何といっても「ハイセンスなデザイン」と「オリジナリティ溢れるアイデア満載の建築設計」である。デザイナーズマンションは、建築家のコンセプトが前面に押し出され、センスの良い物件が多い。
また、最近では自転車やバイク等の趣味に特化したデザイナーズマンションも見られるようになった。
自分らしさをアピールでき、部屋で過ごす時間もきっと楽しくなるのではないだろうか。そのような部屋に住むことができるのは、一般的な賃貸物件にはない、デザイナーズマンションの特権である。

デザイナーズマンション賃貸特集の検索はこちら

デザイナーズマンションの家賃について

デザイナーズマンションは、デザイン面でコストがかかっているため、その分家賃に金額が上乗せされている傾向がある。
周辺環境に恵まれていなかったりする物件でも、斬新なコンセプトやデザインという付加価値があるため、同じ立地条件の通常マンションよりも高い値段がつけられていることがある。
通常の賃貸相場と同じような値段で入居できる物件もあるので、しっかりと賃貸情報を探して比較をすることが大切なポイントになってくる。

デザイナーズマンションの選び方

デザイナーズマンションを選ぶ際に注意しておきたいことは、デザイナーズマンションだからといってどんな物件でも飛びついてしまうのではなく、しっかりと重要な箇所を確認することである。
まず、ハイセンスさを強調し過ぎて実用性の低い物件は避けた方が良いだろう。オシャレな造りに拘るあまり、日常生活に必要な要素を削ってしまった物件は、最初こそ良いかもしれないが、やがて生活に不便さを感じてしまうことがあるからだ。
なので、ある程度自分の思い描く物件を整理しておくことが大事である。

デザイナーズマンション賃貸特集の検索への矢印

デザイナーズマンション賃貸特集の検索はこちら

ページの先頭へ