ダブル¥0賃貸物件特集

初期費用を抑えたい方に!敷金礼金0円賃貸物件特集

引越し時の費用をできるだけ抑えたいですよね。
そんな方には、初期費用が抑えられる「敷金・礼金なし」の賃貸物件がおすすめ!
お得な引越しができるように気をつけるポイント等をご紹介します。

敷金礼金0円賃貸物件特集の検索はこちら

初期費用でお悩みなら敷金礼金0円賃貸がおすすめ!

賃貸のお部屋を契約して引越しをしようとすると、引越し費用、管理費、敷金、礼金、火災保険料、仲介手数料など、毎月の家賃以外にもある程度まとまったお金が必要になってきます。
これを全部ひっくるめて初期費用と呼んでいますが、初期費用の中でも敷金・礼金はそれぞれ家賃の1~3ヶ月分必要なので、かなり負担が大きいですよね。
そこで入居のハードルを下げて、契約しやすいようにした賃貸契約のプランの一つが「敷金・礼金なし」です。

初期費用を抑えて節約♪

敷金礼金0円賃貸のメリット

敷金・礼金なしのメリットは、何といっても初期費用を大幅に抑えられることです。
しかも、礼金制度は昔からの慣例となっており、退去時にはこのお金は一切返ってきません。
ですから、礼金の負担がなくなるのは借り手にとって嬉しいことですよね。
急な転居やすぐにお部屋を借りたい方などにおすすめの物件です。

敷金礼金0円賃貸のデメリット

敷金・礼金なしのデメリットは、退去時の費用が高くなる場合があることです。
そもそも敷金とは、現状回復などの費用を大家さんに預けておくものです。 その為、敷金がなしの代わりに退去時に決められた金額を支払わなければならなかったり、家賃が相場より高めに設定されていたりする場合があります。 退去時に予想外の出費とならないように始めに確認しておきましょう。

契約前に気をつけたいポイント♪

契約前に、細かな条件までもしっかり確認しておくことが大切です。
物件によっては、敷金礼金がかからない分、鍵の交換費を請求されたり、保証金などとして敷金と同等程度の金額を請求されたりする場合もあります。
また、余分な修繕費を請求されないよう、入居したらすぐに既存の傷や汚れを確認しておくとよいでしょう。
通常は家賃滞納時に敷金から家賃が支払われますが、敷金なしの物件では、一日でも滞納すると退去させられるなど、厳しい大家さんもいるので注意しましょう。

敷金礼金0円賃貸を契約する前に気をつけるポイント

敷金礼金0円賃貸物件特集の検索への矢印

敷金礼金0円賃貸物件特集の検索はこちら

ページの先頭へ